山口型放牧研究会


山口型放牧研究会

山口型放牧研究会設立総会の様子
2003年12月19日設立総会の様子
山口型放牧研究会は
牛の放牧で地域振興に尽くす有志の会であり
放牧技術の向上、会員同士の情報交換や
ネットワークの構築を目指すものです

近年、農家の高齢化に伴う労働力不足等から
中山間地域を中心に耕作を放棄した遊休農林地が増加しており
地域振興をはかる上で大きな行政課題となっています

 山口県では、平成元年に全国に先駆けて油谷町で始めた棚田を活用した
水田放牧を一貫して推進しこれまでに蓄えた放牧技術を踏まえて
平成13年からは耕作放棄地を利用した移動放牧という新たな形の放牧に発展しています

 この山口型放牧は、肉用牛経営の省力化、低コスト化、耕作放棄地の解消
さらには農村の景観や農村文化の保全などへの貢献が高く評価され
県内に広く普及拡大しており、全国的にも注目されています

 牛を放牧利用することによって、耕作放棄地が蘇り
さらには、利用されていない草資源を活用することにより
粗飼料自給率の向上はもとより
糞尿を肥料として土地に還元し農地の保全が図られるなど
環境にやさしい資源循環型農業が推進されます

 このように、牛の多面的な能力の高さについては
枚挙にいとまがないほどですが、農村社会や地域農業を守るため
今一度、地域での牛の必要性を認識して山口型放牧を推進したいというのが
山口型放牧研究会の設立趣意であります

 この趣旨に賛同し、自分たちの地域の活性化に真剣に取り組み
放牧技術の取得に意欲のある有志の方々の参加を期待しています
また、本会は緩やかな結びつきによる研究会とするため、会費を徴収しません

平成15年11月10日

設立発起人
油谷町向津具  元永 素
(社)山口県畜産振興協会  案野 一夫
山口県畜産試験場  重村 正憲