山口型放牧研究会

現地情報へ戻る  新着情報へ戻る


周南市湯野で放牧

現在山口県内で行われている放牧の最新情報をお伝えします

 

 周南市湯野で平成18年10月10日から移動放牧が始まりました。
 3m以上もあるセイタカアワダチソウも2頭の牛は押し倒して、綺麗に食べてくれました。11月2日に退牧した時には、以前は棚田として利用されていたことが解るようになりました。綺麗になった棚田には、牛が食べなかった柚の木が残っています。蜜柑は食べる牛ですが、刺のある柚は苦手のようです。
 この放牧地は、散歩中のご近所の方の寄り合い所になっていたようです。牛は、ご近所の方の心も癒してくれたみたいです。
また、自分の休耕田にも牛を貸して欲しいと言ってくれる方がおられました。山口型放牧を周南市湯野の方にも、知って戴ける良い機会となったようです。

(2006.11.28 放牧管理グループ 伊藤直弥)。