山口型放牧研究会

現地情報へ戻る  新着情報へ戻る


むつみ林木育種園で放牧

現在山口県内で行われている放牧の最新情報をお伝えします



 萩市むつみにある山口県むつみ林木育種園の林木園で平成18年6月1日から黒毛和腫2頭による移動放牧を開始しました。
むつみ林木育種園では、下刈り作業の省力化のために移動放牧を行っており、本年度で3年目になります。
 放牧されているのは、種をとるための木が植えられている部分で、牛は、狭い間隔に植えられた木の間の草もきれいに食べ尽くしてくれます。牛の放牧により、下草刈り作業の労務費の軽減ができ、放牧の効果は絶大です。
 
 6月から放牧に使われていた2頭は、10月31日までに放牧地内の草をきれいに食べ尽くし、畜産試験場に帰ってきました。(H18.11.20 放牧管理グループ 島田芳子)