放牧牛バンクについて

公益社団法人 山口県畜産振興協会

目的

 山口県では、肉用牛の放牧により遊休農林地の解消を図ると共に農山村の景観保全などを進める「山口型放牧」の技術を確立させ、各種事業により実証モデル展示を行い、放牧が可能な牛の情報(バンク)を整備しています。

 耕種農家や林業家、耕作放棄地をきれいにしたい方など牛の放牧を希望される方は、お近くの県農林事務所畜産部までお問い合わせ下さい。

支援体制

 放牧を指導できる構成員によるプロジェクトチームにより役割分担を行い、支援する。

@      畜産農家

・放牧牛の貸し出しと放牧中の定期的な指導、退牧時期の判断。

A      農林事務所畜産部

・放牧希望者から希望のある放牧地の確認及び環境問題などの地元調整。

・畜産農家への全般的な指導及び放牧牛の衛生・管理指導。

B      畜産試験場

・農林事務所畜産部の依頼により、放牧全般に関する指導。

C      山口県畜産振興協会

・放牧実施状況の確認。

・ホームページによる放牧牛バンクへの登録状況公開。


問い合わせ先

放牧牛バンク登録リスト

戻る